WiMAXのエリア内にも関わらずネットが繋がらないことがある?

WiMAXのエリアは公式サイトで公開されています。単にどの県やどの市がエリア内といったおおざっぱなものではなく、実際の地図の上にカバーエリアが示してあり、詳細に知ることができます。

 

ですが、WiMAX公式では実際の契約の前にtry WiMAXを利用して無料での試用を強く勧めています。公式サイト内でエリア内判定というだけではだめなのでしょうか?

 

WiMAXの無線特性として、電波の直進性が高くやや障害物を回り込みにくいというものがあります。そのためエリア内であっても高層ビルに囲まれている場所は電波の感度が悪いということがままあるのです。

 

これは基地局と障害物の位置関係によって全く問題が無かったり、逆に大きな障害になったり場所によって大きく異なりますので一概にどういう環境だと影響があるとは言えません。そのため、必ず実際に使う場所にて試用を行い、電波が入ることを確認した上で契約するようにと勧めているのです。

 

特にWiMAXプロバイダは現在様々なキャンペーンを行っており、高額キャッシュバックやタブレット端末プレゼントなど様々な特典を付けていますが、これらを受ける条件として一年もしくは二年の継続利用を付けており、この期間内に解約すると違約金が発生することになります。

 

契約後自宅で電波が入らないことがわかり、解約しようにも違約金が発生するということになったら大問題です。try WiMAXは送料・返送料含め全て無料で15日間試せますので、必ず試してから契約を行ってください。

今おすすめワイマックス・ワイモバイルはこれ!

Broad WiMAX


業界最安月額料金2856円

駅・空港・地下街などとこでも使える(エリア拡大中)!

端末即日発送!

申込後乗り換え違約金不要!



ワイモバイル


最安月額1980円〜

初期費用0円


Copyright© 2015 イーモバイルとワイマックスの比較ガイド!結局どっちが良いの? All Rights Reserved.