WiMAXのデメリットは昔に比べると随分減った

WiMAXはモバイル回線でありながら競合サービスから頭一つ抜けた回線の高速性を持ち、外出先だけでなく自宅回線としてさえ使える非常に優れたサービスです。

 

しかしそんなWiMAXにも一つだけ競合サービスと比べた際の欠点がありました。それはエリアの狭さです。

 

WiMAXは例えば携帯電話の回線網をそのまま利用するイーモバイル等と異なり、電波送受信のための基地局などのインフラは全てWiMAX独自のものです。

 

そのため既存の基地局を流用しているイーモバイル等や、その大本であるキャリアのスマートフォン網などのエリアにはどうしても叶いません。

 

都市圏はさすがにほぼ全域をカバーしているのですが、すこし田舎の方へ出向くと途端に電波が入らなくなった、とがっかりする人も多いようです。これは確かに事実ではあったのですが、このデメリットも日々改善されていっています。

 

WiMAXの設備投資は高コストのため費用対効果を考えて都心部から始まりましたが、地方都市も含めてほぼ全域が網羅され、都市から離れた住宅地のカバーもだいぶ進んできています。

 

そして今後は非住宅地のカバーエリアもどんどん拡大していく予定ですので、車で移動中なども圏外となることがどんどんなくなっていくはずです。未だ発展途上のWiMAXではありますが、カバーエリアの狭さが解消したときモバイル回線として欠点のない最高のサービスとなるであろうことが期待されているのです。

今おすすめワイマックス・ワイモバイルはこれ!

Broad WiMAX


業界最安月額料金2856円

駅・空港・地下街などとこでも使える(エリア拡大中)!

端末即日発送!

申込後乗り換え違約金不要!



ワイモバイル


最安月額1980円〜

初期費用0円


Copyright© 2015 イーモバイルとワイマックスの比較ガイド!結局どっちが良いの? All Rights Reserved.