WiMAXの通信速度が天候に左右されるのか

WiMAXは無線によって通信を行うネットワーク回線ですので、様々な要因によって通信速度が上下することがあります。利用者からは天候が悪いときに回線速度が若干遅いという意見が寄せられることもありますが、実際にWiMAXの回線速度は天候による影響を若干ながら受けます。

 

そもそもWiMAXの無線通信は、他のモバイル通信と比べてもやや電波が回り込みにくいと言う性質があります。

 

それは決して悪いことだけでなく、モバイル回線としてトップクラスのスピードを実現しているなどメリットもあるのですが、やはり障害物の影響を受けやすいというデメリットがあり、屋内で使う際も窓から遠いと電波状況が悪くなりやすいものです。そして雨や雪が降っている日は、やはりWiMAXの電波も影響を受けるのです。

 

利用者の実測データでは、大雨/大雪などの極端に天候が悪い日はスループットがおよそ2〜3割ダウンすると言うことがわかっていますが、普通の雨程度ならばさほど差がないということもわかっています。

 

また、かなり天候が悪くてもそもそも繋がりにくかったり接続障害が起こるようなことは皆無でした。また、回線速度自体は若干落ちてもping値が増加すると言ったラグが増すような現象は起こらず、体感ではあまり差がないとのことです。

 

つまり、悪天候ですとWiMAXの通信速度に影響が出ること自体は事実ですがたいした差は無く、ほとんど気にしなくても大丈夫だということです。

今おすすめワイマックス・ワイモバイルはこれ!

Broad WiMAX


業界最安月額料金2856円

駅・空港・地下街などとこでも使える(エリア拡大中)!

端末即日発送!

申込後乗り換え違約金不要!



ワイモバイル


最安月額1980円〜

初期費用0円


Copyright© 2015 イーモバイルとワイマックスの比較ガイド!結局どっちが良いの? All Rights Reserved.