WiMAX内蔵型とUSBメモリどちらがあ集まるの?

WiMAX通信を行う際に必要となるのがWiMAX端末です。WiMAX端末にも様々な形態があり、ニーズに合わせた端末が選択できるようになっています。そしてWiMAXの高速回線をフル活用したい速度重視の場合、候補に挙がるのはUSBタイプと内蔵タイプです。

 

USBタイプというのはその名の通りUSBでWiMAX端末を差し込むタイプのもので、USBメモリのような形状のコンパクトタイプもあれば、小さめの外付けハードディスク程度の大きさのものもあります。

 

有線だけあってそれなりに速度が出ますが、USBの規格の帯域上限に引っかかりあまり高速化はできないとされています。また上り速度があまり出ず、500kbps程度が上限とも言われています。

 

一方で最初からWiMAX受信用チップがパソコンやスマートフォンに内蔵されているタイプのものは、USBタイプだとUSB規格の上限速度が足かせになるのと比べボトルネックとなる部分がなく、ほぼフルスピードのWiMAX通信が可能です。また上がり速度も問題無く、1Mbps以上安定してでます。

 

従って速度を追い求める場合は内蔵型のタイプを選択するべきでしょう。ただし、何を置いても速度第一というわけでもなければ、基本的には汎用性の高いモバイルWi-Fiルータタイプの端末をお勧めします。

 

前述の二つのタイプでは複数の端末を同時に接続することができませんが、Wi-Fiルータタイプなら同時にたくさんの端末をぶら下げることができ、線も必要ないため非常に取り回しが便利です。

今おすすめワイマックス・ワイモバイルはこれ!

Broad WiMAX


業界最安月額料金2856円

駅・空港・地下街などとこでも使える(エリア拡大中)!

端末即日発送!

申込後乗り換え違約金不要!



ワイモバイル


最安月額1980円〜

初期費用0円


Copyright© 2015 イーモバイルとワイマックスの比較ガイド!結局どっちが良いの? All Rights Reserved.