WiMAX2のデメリット

WiMAXの後継となる新しい通信網として、WiMAX2+が始まりました。WiMAXと比べて回線速度が3倍近くにまで高速化し、出先での快適なインターネットはもちろん、自宅用回線として有線ネットワークの代替にもより向くようになりました。そんなWiMAX2+ですが、今すぐ乗り換えるべきかどうかは冷静な判断が必要です。

 

WiMAX2+の現時点のデメリットは

 

・対応エリアがまだかなり狭い
・月額料金が少し上がる

 

の二点です。WiMAXが都市圏のみならず地方も全体的にカバーし始めたのと比較し、WiMAX2+は現在大都市圏さえ完全にカバーしきってないのが現実です。なのでWiMAX2+による高速通信を行えるエリアは限定的なものと考えるべきでしょう。

 

ただしWiMAX2+契約であってもWiMAX2+エリア外ではWiMAXやau LTEによる通信を行うことができます。ただしau LTEはともかく、WiMAX通信しか使えないとなればわざわざ月額料金を割り増しにしてWiMAX2+に乗り換える必要はないでしょう。

 

逆にWiMAX2+への乗り換えを積極的に勧めたい人は、WiMAXを主に自宅用回線として使っており、自宅がWiMAX2+エリア内という人です。

 

自宅用回線で自宅がエリア内ならばエリアに関する心配は全く必要なく、WiMAX2+の高速ネットワークの快適性は月数百円程度の価値は確実にあります。よりストレスのないインターネットサービスの利用が可能になるでしょう。

今おすすめワイマックス・ワイモバイルはこれ!

Broad WiMAX


業界最安月額料金2856円

駅・空港・地下街などとこでも使える(エリア拡大中)!

端末即日発送!

申込後乗り換え違約金不要!



ワイモバイル


最安月額1980円〜

初期費用0円


Copyright© 2015 イーモバイルとワイマックスの比較ガイド!結局どっちが良いの? All Rights Reserved.