WiMAXとプロバイダ契約の際にメールアドレスが貰えるか確認が必要

WiMAXを始める際にはまずプロバイダと契約することになります。プロバイダと言えばプロバイダメールがもらえる、と言うイメージが強い人は少なからずいるのではないでしょうか。

 

典型的なインターネットプロバイダは大体プロバイダの名前が入ったわかりやすいメールアドレスをくれるものですよね。WiMAXプロバイダではプロバイダによってメールアドレスが付与されたりされなかったりするため、この点を重視するならば事前に確認が必要です。

 

メールアドレスをくれるWiMAXプロバイダとしては、WiMAX以前からプロバイダ事業を行っている老舗の@nifty、ASAHIネット、BIGLOBEなどが挙げられます。

 

メールアドレスも他の回線を契約したのと同じように@以降にプロバイダの名前が入った、わかりやすいものです。

 

一方でWiMAXの本家本元であるUQ Communicationsが提供するUQ WiMAXではメールアドレスは付与されませんので注意が必要です。

 

時代が変わるにつれてメールアドレスの価値も変わってきています。今はGoogleが無料で取得できるGmailのアドレスとAndroidスマートフォンを結びつけて管理しているなどもあり、このGmailを始めとしてフリーのメールアドレスを中心に利用している人も増えており、それに伴ってフリーアドレスの信頼性のなさ、と言った印象も薄れてきています。UQ WiMAXがメールアドレスを付与しないのも需要の減少とコスト削減を考えた結果と言えそうです。

今おすすめワイマックス・ワイモバイルはこれ!

Broad WiMAX


業界最安月額料金2856円

駅・空港・地下街などとこでも使える(エリア拡大中)!

端末即日発送!

申込後乗り換え違約金不要!



ワイモバイル


最安月額1980円〜

初期費用0円


Copyright© 2015 イーモバイルとワイマックスの比較ガイド!結局どっちが良いの? All Rights Reserved.